忘年会で欠かしたくないおつまみ

おつまみ食事

年末年始にかけてどうしても多くなるのが「飲み会」。
毎日トレーニングや食事制限を頑張っているのに、この時期だけはどうしても気が緩んだり、食事量が多くなったりするものですよね。
普段からしっかり自己管理をしていれば、年末の特定の時期ぐらい好きに飲み食いしてもそんなに大きな影響はありません
もちろんコンテストに向けて体づくりをするという人は別ですが、あくまで一般的な目線で考えていただければと思います。
年間の労をねぎらい合いながら、来年も頑張ろうと皆で集まる会ぐらい、個人的には全てを忘れて集ってほしいと思うものですが…(^^;)

ReBoRn

スピードメニュー

定番の枝豆に、冷やしトマトやもろキュウ。
野菜系のつまみはスピードメニューとして一杯目のビールと一緒に注文することも多いと思いますが、これは大正解!
もちろん空腹にアルコールを流し込むことを避けるためにも、軽くでもつまみながら飲むのは非常に良いのですが、それ以外にもこれらのスピードメニューには隠された栄養があります!

グルタチオン
植物性食品材料申のグル タチオン含有量(中川一夫/池内真理/次田陽子)Department of Food Science, Kyoto Women’s University

その栄養は「グルタチオン」
女性で美容情報に敏感な方なら聞いたことがあるかもしれませんが、これは美肌の成分として有名な栄養素。白玉点滴と言われる美容施術でも用いられる主成分で、しみ・そばかす予防など全身を美白に導く点滴です。
このグルタチオンは表面的な美しさだけでなく、肝臓の機能改善や抗酸化作用などで内側から綺麗にし、結果的に美肌に導くという働きもあります。
肝機能のサポートはお酒好きには必須!もちろん体内でも生成されるのですが、加齢とともに減ってくる成分なので積極的に摂っておくほうが良いでしょう。
特にお酒の飲み過ぎで肌荒れやだるさ、疲れなどが気になる人は重要ですね☆

表を見ても分る通り、ホウレンソウ、キャベツ、パセリ、キュウリ、カボチャ、トマト、サヤエンドウ、ソラマメ、エダマメなどに多く含まれています(^^)

刺身

普段から肉食の人には、アルコールの有無関係なく注文してほしいおつまみが刺身です。
肉も魚も動物なので、大きな括りでは動物性脂質には違いないのですが、その成分や機能は全くの逆。魚の油に多く含まれるオメガ3は、腸内細菌によって代謝されることで抗炎症作用を生み出します。これによりアレルギー症状のや糖尿病の抑制などにも繋がるので、飲み会なのに太ることを気にしてしまう人はちょっと高価でも頼ませてもらいましょう!w

また、血液サラサラ効果もあるので特にお酒の飲み過ぎで水分不足に陥っているときには大切。多くの人がお酒を飲んでいるときに意識して水分を摂らないので、アルコールによる脱水症状に陥っています。
つまりは血液もドロドロになっており、血流が悪くなっているということ。水を飲むことも大切ですが、普段から血液をサラサラにしておくことで滞りなく循環して、アルコールの代謝もスムーズに行われます。

他にもタコやイカ、ホタテにはタウリンが多く含まれています。タウリンといえば栄養ドリンクでも有名な成分ですが、簡単に言うとアミノ酸です。
タウリンは体内でも合成されますが、肝臓機能を高める重要な栄養素。アンモニアなどを無毒化し、体外に排出する解毒作用などを助ける働きをします。
肝臓の負担が少なくなるということは、それだけ体のダメージも少なくなるので疲れにくい、二日酔いになりにくいなどの効果が期待できます。

焼き鳥

焼き鳥は多くの居酒屋で注文される人気メニュー。
個人的に串から外されるのが嫌いなのですが皆さんはどうでしょう?w
串から外すなら串のまま食べて、食べかけでもそのまま置いておいてくれればいいのにと思います。というと気持ち悪いと言われるのですが、嫌いな人とは飲まないので直箸とか全く気にしない私…(^^;)
「相手が気にするから気を遣いなさい!」って怒られるんですが…未だに納得できない!www

まぁそんな話はさておき、焼き鳥は部位により好き嫌いもあるかと思います。ただできれば5本セットくらいを一人で食べるのがちょうどいいかなと思います。
一般的なお店の焼き鳥だと一串30g程度なので、5本食べても150g。これで十分なたんぱく質が摂れますし、お酒の分解に必要なアミノ酸の補助にもなります。
ちなみに鳥貴族の串は90gらしいので2本くらいでも十分ですね!

5本食べてほしいといった理由は、部位により栄養価も異なるからです。
むね肉には疲労回復効果のあるイミダゾールジペプチドが含まれており、尿酸値の抑制にも繋がります。飲み会で楽しく疲労も軽減するためには、人の愚痴をアテにせず、栄養価の高いおつまみをアテにしてください☆
他にもレバーはグルタチオン、ハツには鉄分やミネラルが多く含まれています。ダイエット中だからといって、ササミ串ばかり食べてドン引きされるよりも、色々な串を楽しむ方が色々な点でおススメですw

デザート

実はアルコールを飲んだ後は低血糖になりやすいです。
アルコールを飲むと体は毒物が入ってきたと優先的に代謝します。そのため、食事で摂った糖質の代謝が後回しにされるので血糖値も上がりにくくなります。
特に不調を抱えている人は気にする必要はありませんが、糖尿病やインスリン治療をしている人は注意が必要ですね。
お酒を飲んだ後に〆の〇〇が欲しくなるのも、まだまだ血糖値が上がっていないからということも大きく関係しています。
また、体の中で糖を作り出す糖新生という機構もアルコールにより阻害されてしまうので、最後に〆のデザートなど甘いものを食べると血糖値をスムーズに上げてくれます。
アイスは脂肪分も多く、飲んだ後は控えたいので、おススメはシャーベット!水分も多いので、飲んだ後には最適なデザートと言えるでしょう。

もちろん米や麺を大量に食べてもまだまだ糖に代謝されるには時間がかかりますので控えるようにしましょうね(^^;

ほなね!

SIXPADHOMEGYM WAVER KENTA
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました