外食おススメメニュー!なか卯編

なか卯|VITAL大学食事
なか卯|VITAL大学

今回は牛丼チェーン御三家に追随する「なか卯」のメニューからおススメ3品をご紹介します。店舗数は500店舗弱とすき家の1/4程度ですが、実は運営会社は同じゼンショーグループ!
うどんも美味しくて個人的には大好きな牛丼チェーンなのですが、京風の味が関東ではあまりウケないのでしょうか…。
なか卯の特徴は何といっても卵!「こだわり卵」と言われるだけあって、黄身の濃厚さが他とは違う…気がする!w

親子丼

エネルギー
(cal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
親子丼(小盛)42521.88.862.0
親子丼(並盛)62028.912.194.9
親子丼(大盛)73830.612.4120.9
なか卯公式ホームページより

なか卯と言えば親子丼!美味しいこだわり卵がたっぷり使われている看板メニューがおススメできるのは何とも嬉しい限りです(^^)
栄養成分表示を見る限りでは並盛と大盛はご飯の量が変わるだけのようですね。小盛も女性には非常に嬉しい量でPFCバランスも素晴らしいです。

卵は生で食べるよりも少し火を通したほうが消化吸収もよく、特に親子丼のような半熟が一番おススメです。お味噌汁とサラダもセットにすれば発酵食品や食物繊維もプラスできて腸にも優しいパーフェクトランチセットに☆

漬けかつお丼

エネルギー
(cal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
かつお丼(並盛)62937.89.391.4
かつお丼(大盛)86662.89.9120.8
なか卯公式ホームページより

すき家がサーモン&マグロなら、なか卯はカツオで勝負だ!と言わんばかりの素晴らしい商品!カツオは脂質が非常に少なく高たんぱく質
大盛はたんぱく質が並盛の約1.7倍。お米に含まれるたんぱく質はごく僅かなので、かつおの量がそれだけ増えているのに脂質はほとんど増えていないのがその証拠ですね!
もちろん旬の鰹は脂がのっているものもありますが、一般的なものはほぼ脂質はゼロと言ってもいいでしょう。

なのでこの卵黄が非常にいい味を出してくれる上に適度な脂質として重宝します。卵白も食べれば並盛一食でたんぱく質が40g以上になるので優秀です。
特盛にしてしまうとちょっとたんぱく質が多すぎて消化に負担をかけてしまうので、この商品は男女問わずに並盛がベターだと感じます。

鶏天そば(うどん)

エネルギー
(cal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
鶏天そば44624.87.955.6
鶏天うどん37318.76.655.6
なか卯公式ホームページより

なか卯と言えばうどんかと思っていましたが、今は蕎麦もあるんですね!しかも二八そばというそば粉8割小麦粉2割の優秀な麺。
多くの安価なお蕎麦はほとんどが小麦粉なので、「色つきのうどん」と言っても過言ではありません。十割がベストですが、そばを選ぶときはせめて二八くらいにしたいですね。

そば粉はたんぱく質も豊富に含むので、うどんとそばでたんぱく質の量が違うのが二八である証拠とも取れます。
しかしこれだけでカロリーが70kcalは変わらないので、蕎麦の栄養成分表示はカロリー計算が少し合わない…。おそらくは400kcal程度かと思われます。
ただし、鶏天が含む油は毎回同じとは限らないので、脂質は少し多くなるくらいに思っておいていいかと思います(細かいw)。

ちなみに僕のおススメ蕎麦はカルディでも売っているこちら!
コシが強く喉ごしも最高で、蕎麦湯もしっかり出ます。半生麺なのに日持ちもするし最高です☆

ほなね!

SIXPAD
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました