ダイエットを継続する方法

ダイエットダイエット

続けたいと思っていてもなかなか続かないダイエット。
もちろん最初から目標に到達するまで辞めるつもりの人はいないでしょうが、心のどこかであきらめてしまいそうな予感があったりするのは仕方ないことです。
意志が弱い、自分にはできない…人間得意じゃなければ続かないのは当たり前なのでそんなに落ち込む必要はありません。
でもやっぱり続くに越したことはありませんので、続けるポイントをお話ししたいと思います。

柔軟な思考

「ダイエット中はお菓子を食べない」
「毎日30分運動を必ずやる」

ダイエットになると様々なルールや禁忌を自分に課す方が多いですが、これはかなり大きなストレスになります。
もちろんその通りにできれば素晴らしいことなのですが、一度でもそのルールから外れてしまうとモチベーションが下がってしまい、ダイエット路線から脱落してしまいます。
まず決めるのであればルールは緩めでOK。もしくは破ってしまったときの代替え案を用意しておくのもいいでしょう。

「お菓子を食べたらスクワットを50回やる」
「運動ができなかった日はお風呂にゆっくり浸かる」

先ほどのルールと比べるとできると思いませんか?
そう、できると思うことをやればOKなのです!

現実的なスケジュール

トレーニングが最もお勧めの時間帯は昼食後の午後。
しかし、現実的にその時間にやることは多くの方が難しいでしょう。ではいつやるのか…答えはいつでもOKなんです。

まずは自分のライフスタイルに組み込んでもストレスのない時間帯でやっていきましょう。これはもちろん日により変化しても大丈夫。
明日は朝からトレーニングをやるぞ!と決めていても人間ですから寝坊することもあります。そんな時は夜になることもあるでしょうし、仕事が忙しくてできないこともあるでしょう。

とにかく非現実的なスケジュールでやろうと思っても体は悲鳴を上げてしまいます。それこそ健康づくりや趣味であれば多くの時間を割くことも非現実的。
「〇日、〇時間やるぞ!」という意気込みよりも「趣味だから週〇時間まで」と決めたほうが効率も上がり人生の時間がより多くのことに使えます。

楽しめる運動

空前のフィットネスブームでダイエット=筋トレのイメージが強いですがそんなことはありません。
どんな運動でも健康的な食生活と並行して継続すれば必ず成果は出ます。ジムに行かなければ痩せないということはありません。
もちろん自重トレーニングやランニングなどでは限界もありますが、それが継続して楽しめるのであればまずはそこからでもいいと思います。

何よりも楽しく続けられることを優先するべきです。
筋トレが嫌いな方でも有酸素運動やダンス、バイクトレーニングなど選択肢は山のようにありますので安心してください。
そして、何か一つの運動が継続できるようになったら他の運動にも興味をもってチャレンジしてみてください。体の使い方が違ったり、できると思っていたことができなかったりと人生の幅が広がると言っても過言ではありません。

無理をしない

「とにかく無理しない」

これはダイエットだけでなくスポーツをしている人にも共通して言えます。競技を生業にしている人やプロスポーツ選手はちょっと別ですが、一般の人にはこの項目が一番重要かと思います。

もしトレーナーやインストラクターとして活動する僕が怪我をしてしまったら?無理なダイエットでちょっとイライラしていてそれがお客様に伝わったら?
皆さんもそれぞれ大切な仕事や家族を抱えておられると思います。まずその周囲のみんなに迷惑をかけないことは大前提で進めていきましょう。

ダイエットとは健康的な生活を継続することで体が自然とその生活に適応していくことだと考えています。不摂生が続いていた人は体重が減るでしょうし、食が細く運動をほとんどしなかった人は増えることもあるでしょう。
怪我をせず、メンタルも左右されない程度のダイエットで結果が出ないのであれば方法を見直してみましょう!

ほなね!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました